就活状況

東大生ブログ「東大みおりんのわーいわーい喫茶」

*この記事は別ブログからお引越ししてきた記事です。

 

 

帰国して1週間での就活状況をレポートします真顔

 
 
今週は火曜から連続していろんな企業に行っています!
 
 
 
10/17
カード会社のインターン選考(グループディスカッション)
 
10/18
IT系小規模ベンチャー、WEB系小規模ベンチャー、IT系大規模ベンチャー(メガベンチャー?)の3社でそれぞれ個別面談
 
10/19
IT系メガベンチャーのインターン選考(学生:人事=2:1)
 
 
 
ちなみに明日10/20は、18日に伺ったWEB系の会社にもう一度伺うのと、別のベンチャー1社に行きます。両方個別面談。
 
 
 
どの会社のお話を聞くのもすごくおもしろくて。
忘れたくないので、ノートとブログと、ちゃんと記録しておけたらいいなと思います。
 
 
 
わたしは「世界を知りたい」とか、「社会の仕組みを知りたい」とかいった気持ちがとても強いタイプなので、こうして世の中のシステムが少しずつわかってくるというのはとても魅力的な体験なのです。
 
 
 
いくつか、今週の学びと記録をまとめておきます食パン
企業や個人が特定されることを書くのは憚られるため、ぼやっとした表現も出てくると思いますがご了承くださいもぐもぐ
 
 
 
 
 
スーツきろくスーツ
 
 
◆火曜に行ったカード会社
 
大手の安定感びっくり
人事の人みんな嫌味ない系の美人だった。笑
 
選考でグループディスカッションというのが実はわたし自身は初めてだったのですが、全体2時間のうち選考は20分のみという。。あとの時間は業界説明とか質疑応答。あの20分でなにを見られていたのか!こわいぞ!
 
グループディスカッションはまさかの1グループ10〜12人という大所帯。全6グループありました。人事の方は3〜4人。
 
グループのメンバーはみんな議論しやすい人たちが多くてよかった。ただ、ある程度みんな同じくらい発言していたし能力も大差なく見えたので、あれで誰をとって誰を落とすって決めるのどうやるんだろ!人事とは!と思った。受かっても落ちてもぴんとこない気がする。
 
 
◆水曜1軒目のIT系ベンチャー
 
ネット広告の企業分布のしくみがおもしろかった。あとは、ゲームについてもいままでになかった発見があった。
 
 
◆水曜2軒目のWEB系ベンチャー
 
社長が直接面談してくださいました。
やっぱり経営者の話を聞くのってすごくおもしろいです。当たり前だけど、そのへんじゃ聞けないようなとんでもない経験をしてきた方のお話というのはほんと興味深い!
 
金曜にあらためてもう一度伺い、別の方ともお話させていただくことになりました。
 
 
◆水曜3軒目のIT系ベンチャー
 
知る人ぞ知る会社だったのですが、オフィスが!きれい!
自社ビルじゃないのがあれだけど、ミーティングスペース的なものとかとても惹かれてしまった。
 
そして面談してみて、会社の方向性が自分のやりたいこととかなりマッチしていることを発見。まあ1回聞いただけだし確信はできないけど、お話聞いていたら何度もぞくぞくしました。
 
また、勤めている方の雰囲気を伺ってそれも魅力的でした。
 
 
◆木曜のIT系ベンチャー
 
こちらも知る人ぞ知る系の会社でした。ゲーム系。
 
わたしはWEBから派生してここ数カ月ゲーム系にも興味があって。ただ、もともとゲーム好きではないのもあって全然にわかなのですが。
 
オフィスきれいだった!そして大規模な会社感。
 
で、笑ってしまったんですがわたしここもグループディスカッション選考だと思っていて。受付で内線電話をかけると、「いまから迎えに行きますね」との言葉。そこで気づいたんですやっと!
 
グループディスカッションならわざわざ一人ずつ迎えに来ないだろ!と。
 
なにやってるんだわたし笑
実際、学生2:人事1の面談でした。
 
 
大きな会社なので人気も高いでしょうし一気に選考すると思ってたんです。まさかの3人面接ポーン
 
でも楽しかったー!
ゲームのこともっと勉強しようと思いました。
 
 
 
 
UMAくん気づきUMAくん
 
◆ベンチャーか?大手か?
 
この問いについて、いままでは圧倒的に大手と思ってきたんですが、、
 
新卒でベンチャーもありなのかも、と思いはじめました。
 
というのは、わたしは大学を出て働きはじめたらすぐに25歳になる。しかも、なるべく若いうちに子どもを産みたいと思っている。
 
 
となると時間がそんなないんです。
大手に入って、3年くらい勤めたら転職か起業したいなと思っていましたが、もしそれができたとしても28歳とか。そこから新しいこと始めて軌道に乗せるまでたぶん子ども持つのは難しいのかな。とか考えると、成長スピードのもっと速い場所にいるほうがいいのかもとか。
 
 
まあいま結論出すことじゃないしわからないことも多いのですがゲロー
 
とりあえず、意識は少し変わったんです。
 
 
◆就活に対する自信について
 
わたしはいままで、就活というものに対してかなり悲観的にかまえていました。
 
自分の第一志望とするところに受かるのは難しいし(まだ第一志望とか決めてないけど)、みんなが行きたがるような場所は倍率が高いから、グループ面接とかグループワークが苦手な自分は選ばれっこないのでは。と思っていました。
 
 
しかも、自分の「学生時代に力を入れたこと」、いわゆるガクチカもなんなのか自分でよくわからない。いろいろやってきたけどどれなら胸を張ってアピールしていいのかわからない。という感じでした。
 
 
でも、なぜかいまは違います。
このエピソードならきっと企業の方が興味を持ってくださる、というものもある程度わかりますし、それだけのことをやってきたと話せる自信もあります。
 
特に、ロジカルに・説得力をもって説明するのが前より得意になったのかもしれません。
 
 
 
なんでかわかりませんが、前より自信があるんです、わたし。笑
 
 
この先木っ端微塵に砕け散る可能性だってもちろんありますが、少なくともいまは、わたしを欲しがってくれる企業はたくさんあるだろうと思えるんです。傲慢でしょうか。。
 
 
またこのへんは心境も変わり得ますし、自信の理由が突き止められることもあるかもしれないので、なにかあり次第報告しますグラサン
 
 
 
なんかまとまりがなくなってしまった。
 
とりあえず明日も会社行くので楽しみですおねがい
学生というだけで、人事はたまた社長までが個人で会ってくださるというのは、いまだけの特権だなと感じます。
わたしは、使える権利はなんでも使います。
 
 
 
みおりうさぎクッキー



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。