社会人になってからあっという間に3週間(°0°)

東大生ブログ「東大みおりんのわーいわーい喫茶」

わーいわーい!みおりんです。

ご無沙汰しています!社会人生活が始まってからようやく1記事めの更新ができます😌✨

みなさんも新生活や新学期が始まりましたか?昨年度と変わらない人もいるかもしれません。どちらにしてもお疲れさまです☺︎

みお友のみなさんへ

先に事務連絡ですm(._.)m

先月行なっておりました、みおりん&ブログへのメッセージ箱企画ですが、プレゼントの抽選が遅れてしまい申し訳ありません。まもなく抽選&発送ができる見込みですので、もう少々お待ちいただければ幸いです😢



社会人になってみて

少しだけ、社会人になってみて思ったこと・変わったことを書いておきたいと思います。

f:id:coffee-morning915:20190421175755j:plain

新卒同期と社外の見学に向かっているところ。

まず、当たり前ですが生活が規則的になりました。

大学時代の生活では、授業やアルバイト、サークル、友人との用事など様々な要素があったため、毎日行く先や家を出る時間・帰ってくる時間がバラバラでした。いつもスケジュール帳を見ないと次に向かうべき場所がわからないような状況でした。

社会人になってからは、基本的に定時出社なので混乱がありません。定期券の圏内だけで生活できるという感覚を、中学時代ぶりに味わいました。

あとは、持ち物が変わりはじめました。

学生時代はどんなにアルバイトをしても、自分が生活できているのは両親のお金のおかげだという感覚があったので、買い物をするときにはとにかく安いものを探していました。

いまももちろんお金はないので、その感覚は同じです。ですが、自分で自分の生活費を稼げる状況にはなったこと、そして社会人であればあまりみすぼらしいものを持って生活できないなという気持ちから、一部のものについてはある程度お金をかけなければ、という気持ちになりました。

とりあえず今月は、人生で初めてちょっとしたブランドのバッグを買ったのと(といってもアウトレットで60%OFFくらいだった笑)、人に見せても恥ずかしくない腕時計を買いました。わたしは物持ちがよく、小学6年生のときの服をいまでも着ている人間です。このバッグと時計もたぶん相当長い期間もつだろうと思います。笑

そんなこんなで、社会人生活3週間が終わってからのプチ報告でした。

次回公開予定の記事は…

いま書いている別の記事を数日後に公開する予定です。内容は、先日話題になった、東大入学式での上野千鶴子教授による祝辞について。

東大女子の生きづらさをはっきりと指摘した彼女のスピーチは、賛否両論ありながらも大変興味深く意義深いものだったと思います。わたしの東大女子としての経験も併せてご紹介しながら、思ったことを書きました。

お楽しみにお待ちください☺︎

▶︎追記:書きました😊

「東大女子」を名乗るということ|上野教授の入学式祝辞を受けて

明日からもがんばります😊みんなのことも応援しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。